【修復-8】埼玉県 光照寺地蔵菩薩立像

​南北朝時代 修復年 2005年

 この御像は、なんとも不思議な縁から修復が進んだ像です。ある方が古美術商を通して手に入れたのですが、文化財としてきちんとした方法で修復したい、と保存彫刻研究室に依頼されました。さっそく修復をはじめたところ、像内から修理願文が発見され、そこには作者の「法橋助教」の名や「光照寺」などの文字が記されていました。ちょうどその頃「熊谷市一体で無住の寺院から仏像が盗まれる」という事件が頻発しており、どうやら「光照寺」からもお地蔵様が盗まれたことが分かりました。状況を確かめるべく熊谷市の光照寺に向かい、厨子の扉を開けてもらったところ、厨子の背板にぼんやりと輪郭が残されていました。その輪郭は像とぴったりと重なり、まさにお地蔵様がいた証拠でした。御像を買い求めた方もすぐに元の所有者に返還してくださり、とうとうお地蔵様は我が家に帰り着くことができたのです。

 本像の制作年代ははっきりとは分かりませんが、作風からすると南北朝時代頃のものとみられ、像内から発見された修理願文は元禄4年(江戸中期)のものでした。ここからも、この像が長い間人々に守られてきたことがよく分かります。

修復前01.jpg

​修復前写真

2020-11-11_20-53-00.jpg

​厨子の床にくっきりと残された台座の輪郭

006厨子.JPG

​台座を置いた状態​

039納入品.JPG

​納入品

001保存状態.JPG

​修復前写真

2020-11-11_20-52-22.jpg

​厨子の背面にぼんやりと残った輪郭

010胎内文書.JPG

​納入品の発見

061台座.jpg

​台座のクリーニング​

062台座.jpg

​台座のクリーニング

013全解体まえ.jpg

​解体した状態​

059古色彩色.JPG

​補彩​

037指先補作.JPG

​小指や錫杖の新補​

075安置後02.jpg

​光照寺での開眼法要​

​修復後写真​

​現在の様子​

2006-07-19_18-56-22.jpg
2020-10-29_11-40-41.jpg