【修復-9】茨城県 西念寺 阿弥陀如来坐像

​平安時代後期 修復年 2006年

 本像は、浅く平行に流れる衣文、おだやかな顔立ち、伏し目がちの眼差しなど、平安時代後期に一世を風靡した「定朝様」のまさに典型といえる美しい像で、茨城県指定文化財に指定されています。しかし過去の修理の際、両手をはじめかなりの部分が造り直され、さらに分厚い塗膜が全体を覆っていたため、制作当初の姿を損なっていました。

 研究室で行なった修復では、まずはじめに粗悪な後補塗膜をすべて除去し、像全体の構造を強化しました。また当初・後補すべての部材の3Dレーザー計測を行ないました。これにより、CG上で部材を配置し当初の姿を再現したり、同時代の定朝様作例と形状・構造の比較を客観的に行なうことが可能になりました。

 なお3Dモデルによる比較研究は、平成18年度科学研究費助成金ならびに財団法人文化財保護・芸術研究助成財団による助成のもと、「平等院および浄瑠璃寺阿弥陀如来像を中心に3Dデジタルデータによる定朝様式の比較研究」として行われました。

​修復前写真

​後補塗膜の除去​

​後補部材の除去​

​ドロバチの巣​

​後補部材を除去した頭部

​隙間に埋木を施した状態​

樹脂含浸による木質の強化​

​組み上げ​

​欠失部の新補​

​裳先の新補​

​木屎漆の充填

​修復後写真​

本展に掲載されているすべての画像および情報は、東京藝術大学文化財保存学専攻保存修復彫刻研究室および制作担当者の著作物であるとともに原本所有者の著作隣接権によって第三者の利用が厳しく制限されています。無断での複製・改変や利用は固くお断りいたします。

©2020 by 東京藝術大学大学院 美術研究科

文化財保存学専攻 保存修復彫刻研究室