【修復-11】個人蔵 不動明王踏下像および二童子像(金沢文庫寄託)

​鎌倉時代前期 修復年 2009年

 精悍な眼差し、プロポーションが整い引き締まった体つきなど、いかにも鎌倉時代はじめに造られた雰囲気の御像です。研究室で修復中、像内に江戸時代の修理銘文が見つかり、そこには「保寧寺住持比丘 蘭丘」「騎西日出安村」などと記されていました。これとほとんど同じ内容の修理銘文が、埼玉県加須市の宗慶作・保寧寺阿弥陀三尊像の像内からも見つかっています。そのため、この不動明王像もかつて保寧寺に安置されており、作者も同じ宗慶であると見られています。宗慶は、静岡県・瑞林寺地蔵菩薩坐像の銘記から、運慶の父康慶のもとで小仏師として働いたことが知られる仏師で、運慶・快慶・定覚・源慶・実慶などと同じ頃に活躍しました。

​修復前写真

​クリーニング​

​脱落した部材​

​像内の銘文​

銘文​の内容

​充填剤の注入​

​右腕の接合​

​辮髪の新補​

像の形に合わせた方座の新補​

​宝剣を握る右手内側の補作​

​矧ぎ目への木屎漆充填​

​羂索の新補​

​修復後写真

本展に掲載されているすべての画像および情報は、東京藝術大学文化財保存学専攻保存修復彫刻研究室および制作担当者の著作物であるとともに原本所有者の著作隣接権によって第三者の利用が厳しく制限されています。無断での複製・改変や利用は固くお断りいたします。

©2020 by 東京藝術大学大学院 美術研究科

文化財保存学専攻 保存修復彫刻研究室