【制作】慧日寺薬師如来坐像 5分の1雛形

​制作者:保存修復彫刻研究室・籔内佐斗司工房 制作年:2017年

 慧日寺薬師如来像は周丈六という巨大な像ですが、このような大きな像を制作するには綿密な計画が必要です。造形・用材の量・構造の決定など、あらゆる場面で模型や雛形が必要になります。今回の復元制作では塑造雛形1軀・木彫雛形2軀に3Dモデルと、さまざまな素材で雛形を制作しました。この雛形は、表面の古色仕上げを検討するために制作したものです。

​塑像原型の制作

​框の古色のためのブラシがけ

​金箔の上からの古色付け

木彫の制作

​箔押し​

​古色の見え方の確認

​実際の古色作業

本展に掲載されているすべての画像および情報は、東京藝術大学文化財保存学専攻保存修復彫刻研究室および制作担当者の著作物であるとともに原本所有者の著作隣接権によって第三者の利用が厳しく制限されています。無断での複製・改変や利用は固くお断りいたします。

©2020 by 東京藝術大学大学院 美術研究科

文化財保存学専攻 保存修復彫刻研究室