【模刻-24】宮城県 双林寺薬師如来坐像(縮模)

制作者:小島久典、中村恒克、白尾可奈子 制作年 2015年

 宮城県栗原市、薬師山とよばれる小高い丘の上に位置する双林寺は、天平宝字4年(760)に孝謙天皇の勅命で開創されたとされる古刹です。そこに祀られる薬師如来坐像は、どっしりとした量感、がっしりと張った肩や脚、整然と並んだ衣文など、平安時代初期の特徴を示しています。東北地方に多くみられるケヤキを用いた一木造で、内刳りは施されていません。本模刻像は、原本像と近い構造になるように木芯の位置を合わせ、原本像の35%(像高比)で制作したものです。縮尺模刻では、古色技法も大切な研究対象となりますが、ケヤキは極めて硬い木材のため、ヒノキとは異なった工夫が必要でした。

​ケヤキ材

​粗彫り

​木地を摩耗させる

様々な塗膜の再現

​粗彫り

​粗彫り

​木地が仕上がった状態

​赤みをつける

様々な塗膜の再現

​模刻像の完成

本展に掲載されているすべての画像および情報は、東京藝術大学文化財保存学専攻保存修復彫刻研究室および制作担当者の著作物であるとともに原本所有者の著作隣接権によって第三者の利用が厳しく制限されています。無断での複製・改変や利用は固くお断りいたします。

©2020 by 東京藝術大学大学院 美術研究科

文化財保存学専攻 保存修復彫刻研究室