【模刻-26】奈良県 室生寺十一面観音菩薩立像(縮模)

木彫:山田亜紀、彩色:飯沼春子 制作年 2019年

 原本像は、室生寺金堂創建当初の本尊と考えられる3軀のうちの1軀です。漣波式(れんぱしき)衣文と呼ばれる、浅瀬にさざなみが打ち寄せるような繊細な衣文表現と、太づくりな肉体表現が対照的な、平安時代前期を代表する像です。この模刻像は、原本像の3分1縮尺模刻です。制作を進めるうち、像の正中線が背面ではわずかに歪んでいることに気が付きました。完璧なシンメトリーではなく、絶妙な歪みのバランスが含まれることにより、新たな美しさが創り出されていることを、制作を通じて発見することができました。

室生寺(金堂)

​東博での調査

​東博での調査

粗彫り

​背刳り

​粗彫り

​小造り

木地仕上げ

古色の下地

​框制作

古色作業

​模刻像の完成​

本展に掲載されているすべての画像および情報は、東京藝術大学文化財保存学専攻保存修復彫刻研究室および制作担当者の著作物であるとともに原本所有者の著作隣接権によって第三者の利用が厳しく制限されています。無断での複製・改変や利用は固くお断りいたします。

©2020 by 東京藝術大学大学院 美術研究科

文化財保存学専攻 保存修復彫刻研究室