【制作-1】陸前高田普門寺おやこ地蔵・信州善光寺おとうさん地蔵

 2011年に発生した東日本大震災によって、陸前高田市は壊滅的な被害を受けました。多くの人命とともに「高田の松原」も押し流され、残ったのはたった一本だけでした。保存修復彫刻研究室では、藝術に関わる者としてわずかでも貢献できればという思いから、流された松の木を使って地蔵菩薩像を4軀制作しました。造立にあたっては、各界から厚いご支援をいただき、陸前高田の普門寺境内には地蔵堂も建立されました。震災から1年後には、長野県善光寺にて開眼法要が行われ、4軀の地蔵菩薩立像は「おやこ地蔵尊」と命名されました。現在では、陸前高田の普門寺には「こども地蔵」「おかあさん地蔵」が、善光寺には「おとうさん地蔵」が安置され、年に一回「おとうさん地蔵」が陸前高田へ里帰りし、家族団欒の時を過ごしています。

​全壊した陸前高田ユースホステル

​流された松の木

​一本だけ残った松の木​

​地蔵菩薩像の制作

​仕上げ前の段階​

​納入品の奉籠

​善光寺での開眼法要

​普門寺に建立された地蔵堂​

​今も花や供物が途絶えないおやこ地蔵

本展に掲載されているすべての画像および情報は、東京藝術大学文化財保存学専攻保存修復彫刻研究室および制作担当者の著作物であるとともに原本所有者の著作隣接権によって第三者の利用が厳しく制限されています。無断での複製・改変や利用は固くお断りいたします。

©2020 by 東京藝術大学大学院 美術研究科

文化財保存学専攻 保存修復彫刻研究室